鉄道系同人サークル びわこfactory
JR旅規等研究サークル~びわこfactory~公式ブログです
プロフィール

みずがめ

Author:みずがめ
JR旅規等研究サークル~びわこfactory~公式ブログです



カテゴリ



時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません



リンク

株式会社ポプルス

印刷でいつも利用しています

東方吹奏楽団大阪支部

所属している吹奏楽団です



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little“T”Star! 5 サークル参加報告と反省会
みなさんこんにちは。
先日サークル参加した「公共交通&旅行系オンリーイベントLittle“T”Star!5」では、多数の方にお越し頂き、本当にありがとうございました。
このたび、反省会実施しましたので、参加レポートと合わせて御報告致します。

★サークルスペースのイメージ
当日の設営はこんな感じで実施。

LTS5_ブース全景

前回の反省を踏まえ、フロント部分にいろいろ貼ってみました。

☆搬入部数
オンリーイベントということで、搬入冊数は各々コミックマーケットの半数を目安としました。
従って、新刊および既刊を合わせて50部程度ということになります。
(実際は新刊を少し多めに持っていきました)

☆売り上げ状況から
売上状況は以下の通り。

LTS5_売上管理表

・イベント開始後30分までに購入してくださる方が多かった。
 (当サークルを目当てにきてくださったのなら、とても嬉しいです!)
・新刊の方が、売れ行きが好調だった。
 (既刊は購入済み、新刊は難しくない等の理由から)
・新刊完売後も、新刊目当てで来てくださる方がいらっしゃった。
・見本を見て、既刊は難しいので、新刊が欲しかったという方がいらっしゃった。
・既刊は難しいといううわさがあるらしい(ウワサの出所は不明)。
・既刊は、営業規則を勉強したいという関係者と思われる方に人気、ただ単に鉄道が好きという方にはハードルが高い。
・新刊は、関係者以外の鉄道好きにも好評。
・既刊+新刊=500円という価格からか、セットで購入される方も何人かいらっしゃった。
・夏コミに比べ、名刺交換をすることが少なかった。
 (中の人よりも一般の鉄道好きの方が多かったのか・・・)

☆設営準備について
・今回もチェックシートを作っていったが、設営がスムーズにいき、効果的だった。

LTS5_チェックリスト

・冊数を数えるときは、複数人で確認する。
・売上管理表は時間帯だけでなく、本の種類別にもわける。
・テーブルクロス、食器棚クロスを寸法通りに裁断して用意したが、設置が楽だった。
・サークルカットは布にプリントしてテーブルクロスに貼り付けるというのもアリかも。

☆配置等について
・販売スペースが広かったので、新刊2山、既刊2山という形で配置したが、効果的だった。
・はじめ、見本誌をラックに置いていたが、ラックからではなく山から手に取る方が多かったため、山の上に見本誌を置くようにした → 効果的だったので、今後もそうした方がよい。
・価格がわかりやすいという意味でも山の上に見本誌を置くのは効果的。
・見本誌が山の上にないときがあるので、価格札を作って山の前に張っておくのも良いかも。
・ラックは、見本誌をおくというよりも、遠くの方からも表紙をみてもらうという意味で効果的。
・上記の点で、本の種類の数だけラックがあると良いかも。
・似たような表紙からか、新刊、既刊の区別がつきにくかったので、新刊は新刊であることを目立たせる工夫が必要かも。
・サークルカット、本の表紙をテーブル前面に貼ったが、効果的だった。
・今回、iPadを置いて、サークルや本の宣伝、完売のお知らせに使ったが、効果的だったように思う。
・ラック、食器棚、iPadなどは、スペースに変化をつけるという意味で非常に効果的だが、山のみを眺めていく方も多い。
→見本誌、価格、完売の知らせなどは、別途、平積みスペースにも置く必要がある。

☆その他
・郵送してまで欲しいと言ってくださる方がいらっしゃった。
→後日、郵送対応しました。
・夏コミに、新刊を増販して置いてほしいとおっしゃる方がおられた。
・完売後、テーブル前面に貼った表紙のコピーに完売と書くため、赤ペン(太)を用意しておいた方が良いかも。
・人の流れには波があるので、それを見極める必要がある。
→今回のイベントの場合は、人が多い時間帯は、以下の通りだった。
(1)Open後の1時間
(2)人の波が落ち着き、サークル参加者が廻る時間帯(昼から昼過ぎ)
(3)Close一時間前

・完売は嬉しいことだが、本が残っている方がイベント終了ギリギリまでお客さんとやり取りができるので、より楽しめるかも(余ったら持ち帰るか送らないといけないので難しいところ)。
→次回は多めに持っていきます。

 というわけで、レポートは以上です。
(長文になり、大変失礼いたしました。)

 次回は(当選すれば)夏コミ参加の予定です。
 今までの既刊や今回の新刊も合わせて持っていきます。

 ではでは、次回のイベントでお会いできるのを楽しみにしております。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。