鉄道系同人サークル びわこfactory
JR旅規等研究サークル~びわこfactory~公式ブログです
プロフィール

みずがめ

Author:みずがめ
JR旅規等研究サークル~びわこfactory~公式ブログです



カテゴリ



時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません



リンク

株式会社ポプルス

印刷でいつも利用しています

東方吹奏楽団大阪支部

所属している吹奏楽団です



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人活動の注意点(同人誌出版への道 その2)
こんにちは。寒くなりましたね。
ちなみに現在、自宅の外気温がマイナス4度です。
路面凍結真っ盛りなので、外出時には注意しないと・・・

さて、首題の件ですが、今回は同人活動を行う上での注意点をいくつか整理してみましたので、書いてみます。

たぶん、同人活動を行っておられる皆さんにとっては、とっくに通った道だと思うのですが、備忘の為に書くことにします。


【1】同人活動と税金
私のようなサラリーマンだと、勤め先からメインの所得があります。
いわゆる給与所得(所得税法28条1)ですね。
また、同人活動において、年数回の即売会にて同人誌を販売した売上は、雑所得(所得税法35条)となります。
(壁際さんは、事業所得(所得税法26条1)になる可能性が高いようです。)

ただし、雑所得は、我々のようなサラリーマンが年末調整を受けた場合、1年間の雑所得の所得総金額(収入から必要経費を差し引いたもの)が20万円以下なら確定申告をしなくても良い特例があります。

つまり、他の雑所得が無い場合、同人活動で年間20万以上の「利益」(売上ではない)を出さない限り、確定申告が不要となります。

というわけで、私のように利益を目的としないのであれば、同人誌の価格は、印刷費用+送料を冊数で割った金額程度に設定し、利益を出さないようにする必要があります。
(いわゆる、値段は「頒価(頒布価格)」というわけです。)


【2】社会人と同人活動
サラリーマンの場合、勤め先での就業規則にて、副業を禁止している場合がほとんどです。
自分の行う活動が、「副業」にならないかどうか注意が必要です。
せいぜい、フリーマーケット程度に抑えておくということですね。
(つまり、派手にやって荒稼ぎしてはダメと言うことですw)


というわけで、今回は以上です。
次回はいよいよ、同人誌の中身の話を書いていこうと思います。
また、月末には夏コミの申し込みも始まりますので、そのあたりのレポートも書いていこうと思います。

次回も宜しくお願い致します。

あ、サークル名まだ決めてない・・・w

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。